株式会社エートゥジェイ

  1. HOME
  2. AtoJ info
  3. 分析/改善
  4. 【2021年最新版】Googleアナリティクス4の設定方法をわかりやすく解説!

【2021年最新版】Googleアナリティクス4の設定方法をわかりやすく解説!

【2021年最新版】Googleアナリティクス4の設定方法をわかりやすく解説!

皆さんこんにちは!ウェブ解析士の石井です。

みなさんもご存知のように、分析において必須ツールとされる「Googleアナリティクス」が2020年10月に「Googleアナリティクス4」へとアップデートされました!

従来の「Googleアナリティクス」も同時並行で使うことはできますが、おそらく今後は最新版のGoogleアナリティクス4が主流となることは間違いありません!

そこで今回は、Googleアナリティクス4の設置方法を解説していきたいと思います。

▼目次

Googleアナリティクスアカウントの作成

それではまず、下記URLをクリックしましょう!
https://marketingplatform.google.com/intl/ja/about/analytics/

クリックするとアナリティクスを利用するためのページが表示されるので、「無料で利用する」を押します!(図1参照)

ユーザー
(図1)

アカウントの作成

早速アカウントの作成画面に移動するので、まずは赤枠(図2参照)の「アカウント名」を入力します。

Googleアナリティクス4で、WEBサイトを分析するためには、「アカウント」「プロパティ」といったものを用意する必要があります。勿論、現時点ではそれらの詳しい内容についてわからなくても大丈夫です!「アカウント」と「プロパティ」の設定の仕方は勿論、それらの関係性や違いについて後半でわかりやすく解説していますので!

アカウント名は、一般的には会社名、サービス名、部署名などわかりやすい名前を設定します。(図2参照)

ユーザー
(図2)

アカウント名を設定しましたら、その下の「アカウントのデータ共有設定」を行います。ここでは、基本的に全てにチェックをつけて問題ありません。チェックをつけたら「次へ」をクリックしましょう!(図3参照)

ユーザー
(図3)

以上で、Googleアナリティクスの「アカウント」が作成されました。

プロパティの設定

アカウント作成の次は、「プロパティの設定」を行います。

入力する箇所は、赤枠の3箇所です(図4参照)。

ユーザー
(図4)

プロパティ名 分析したいWEBサイトの名前を記入します。
レポートのタイムゾーン 初期状態が「アメリカ合衆国」に設定されているので「日本」を選択します。
通貨 「日本円(JPY ¥)を選択します。

この時、「次へ」をクリックする前に、「詳細オプションを表示」をクリックしてください。クリックすると「ユニバーサルアナリティクス プロパティの作成」画面(図5参照)がその場で表示されます。

ユーザー
(図5)

まず「ウェブサイトのURL」には、分析対象のURLを入力します。
※https://を除いた部分から入力してください。

そして「Googleアナリティクス4とユニバーサル アナリティクスのプロパティを両方作成する」にチェックを入れたら、「次へ」をクリックしてください。

現状Googleアナリティクスには二つのバージョンが併存します。一つは「Googleアナリティクス4(最新版)」、もう一つは「ユニバーサル アナリティクス(従来)」であり、この二つはそれぞれ独立しています。しかし、最新版のGoogleアナリティクス4と連携できるツールはまだ限られており、WordPressも未対応であるのが現状です。

そのため、ここでは旧来型のユニバーサル アナリティクスも作成しておくことを推奨します!

ビジネスの概要を設定

次に、貴社のビジネス規模やGoogleアナリティクス設置の目的をアンケート形式で回答します(図6参照)。

ユーザー
(図6)

任意の項目にチェックをいれたら、「作成」を押してください。

次に、「Googleアナリティクス利用規約」へ同意するかどうかを聞かれます(図7参照)。

ユーザー
(図7)

初期設定は「アメリカ合衆国」に設定されていますので、「日本」を選択し、「データ処理規約」にもチェックをいれたら、「同意する」をクリックしましょう。

利用規約に同意したら、次は「データストリーム」の選択画面(図8参照)が表示されます。今回はウェブサイトを分析するので、「ウェブ」を選択しましょう!

ユーザー
(図8)

もし利用規約に同意した後に、データストリームを選択する画面が表示されなかったとしてもご安心ください!「管理」→「プロパティ」を選択すると、「データストリーム」の項目が現れますので、そこをクリックすると同様の画面が表示されます!

「ウェブ」を選択すると、以下のスライドがでてきますので、赤枠(図9参照)の箇所を記入しましょう!

ユーザー
(図9)

「ウェブサイトのURL」には、測定対象のWEBサイトのURLを入力しますが、この時も「https://」を除いた箇所から記入することを忘れないでください。

「ストリーム名」は、対象ウェブサイトの名前をわかりやすい名前で設定しておけば問題ないです!

また、「測定機能の強化」に関しても、ONのままで特に問題はありません!

「ストリームを作成」をクリックすると、プロパティの作成が完了します。

ここまでアカウントとプロパティの設定をしましたが、正直「今まで言われるがままに手を動かしてきたけど、アカウントとプロパティの違いって何?」と思われている方も多いかもしれません。

なので、一旦トラッキングコードの設定をする前に、アカウントとプロパティの違いについてここでおさえておきましょう!

アカウントとプロパティの違いとは?

下記にGoogleアナリティクス4におけるアカウントとプロパティの関係を表す図(図10参照)を掲載しました。

ユーザー
(図10)

この図を見ると、アカウントの中にプロパティが、プロパティの中にデータストリームが含まれているのがわかりますよね!

実は従来のユニバーサルアナリティクスと最新版であるGoogleアナリティクス4の大きな違いに、このアカウント構造が挙げられます。

ユニバーサルアナリティクスでは、「アカウント>プロパティ>ビュー」の階層構造であったのが、GA4では「アカウント>プロパティ>データストリーム」となっています。データストリームに関する詳しい説明は、今回は割愛いたします。

まずこの関係性を頭に入れたうえで、聞いてください!

アカウントとは、測定対象のウェブサイトを運営している団体(企業など)、もしくは個人を指します。

一方プロパティとは、測定対象のウェブサイトのことで、サイト単位で登録していきます。

もっと具体的に言うならば、例えば、ある企業Yがコーポレートサイト、ECサイト、メディアサイトの3サイトを運営していたとします。そこで、もしそれら3つのサイトをそれぞれ分析したい場合、作られるプロパティの数はいくつになるでしょうか?

プロパティはあくまで、サイト単位でしか登録できないため、作成されるプロパティの数は3つになります!つまりコーポレートサイトで1つのプロパティ、ECサイトで1つ、メディアサイトで1つ...という感じです。

そしてアカウントとは、それら3サイト(3プロパティ)を運営している企業Yのことを指します。

そのような理由から、一番はじめに設定した「アカウント名」には会社名や個人名を入力する必要があったのです!

ユーザー
(再掲)

まとめると、

アカウント ウェブサイトを運営する団体(会社等)や個人
プロパティ 分析する対象であるウェブサイト(またはアプリ)

おそらくまだピンとこないかもしれませんが、実際にGoogleアナリティクスを触っていくうちに、理解できるようになると思いますので、焦らなくて大丈夫です!

トラッキングコードの設定

プロパティの設定が完了したら、最後にトラッキングコードを設置します。

トラッキングコード(赤枠)とは、Googleアナリティクスが発行する計測タグのことで、計測タグ自体はJavaScriptというプログラミング言語で記載されています。(図11参照)。

ユーザー
(図11)

トラッキングコードは、ユーザーの属性やページ滞在時間といった情報をGoogleアナリティクスのサーバーに送信するために使用されます。

そのため、トラッキングコードが埋め込まれていないページはGoogleアナリティクスに情報を送ることができませんので、測定したいページには、必ずコードを設置しましょう!

そしてこのトラッキングコード(赤枠)を、測定したい全ページのHTMLの終了タグ</head>に記載します。ただ、実際測定したいページ全ての終了タグ</head>に記載するのは、正直めんどくさいですよね。

ここでは説明は割愛しますが、タグマネージャー経由でトラッキングコードを管理する方法を取れば、わざわざ全てのページにトラッキングコードを設定する必要はありません!その詳しい方法については、また日を改めてご説明しようと思います!

ここでは、トラッキングコードをHTMLに直貼りする流れをカンタンに説明します!

まずトラッキングコードを設置するためには、まず自身のトラッキングコードがどこにあるのかを確認しないといけないですよね。

手順としては、始めに「プロパティ」の中にある「データストリーム」をクリックします。するとデータストリーム内に対象サイトのURLが表示されますので、該当URLをクリックしましょう!(図12参照)

ユーザー
(図12)

該当URLをクリックすると、下記画面がでてきますので、「タグ設定手順」(赤枠)の中の「グローバルサイトタグ(gtag.js)」の部分を押しましょう!(図13参照)

ユーザー
(図13)

するとトラッキングコード(赤枠)がでてきますので、これを終了タグ</head>の直前に記載しましょう!

ユーザー
(再掲)

計測タグの意味は特に理解する必要はありませんのでご安心してください!
ただ今回は、従来版のユニバーサルアナリティクスと最新版のGA4両方の計測を行うため、計測タグにもう一手間加える必要があります。

プロパティを作成すると、そのプロパティを一意に特定するトラッキングIDが自動で発行されます。しかし、そのIDがユニバーサルアナリティクスでは「UA-XXXXXXXX-Y」、GA4では「G-XXXXXXXXX」の形式を取り異なります。

そのため、GA4のトラッキングコード内に、ユニバーサルアナリティクスのトラッキングIDを貼り付ける必要があります。
※GA4ではトラッキングIDは「測定ID」という名称に変更しています。

それでは、GA4のプロパティからユニバーサルアナリティクスのプロパティに移動し、「UA-」から始まるコードを取得する手順を説明します。

まず画面左上の矢印をクリックします。すると、すでに作成してあるプロパティ一覧が表示されるので、(UA-)で始まるコードが記載されたプロパティを選択します。(図14参照)

ユーザー
(図14)

そしてユニバーサルアナリティクスのプロパティを開いたら、「トラッキング情報→トラッキングコード」の順番でクリックします。(図15参照)

ユーザー
(図15)

するとGA4と同様に、トラッキングコードが表示されますので、下から2行目の「gtag(‘config’, ‘UA-XXXXXXXXXX-1’);」のみをコピーして、GA4のトラッキングコードに下記のように貼り付けてください!(図16参照)

ユーザー
(図16)

これでGA4と従来のユニバーサルアナリティクスでデータを取得するためのトラッキングコードが完成しましたので、こちらを計測したいページの終了タグ</head>の直前に貼り付けてください。

設置が終了したら、後は実際にデータが取得されているかを確認するのみです!

データが取得できているかを確認

データがしっかり取得できているかどうかは、「リアルタイム」レポート(赤枠)から確認することができます!

ユーザー

上記のように、実際にページにアクセスしてみて、数字がカウントされたら、無事成功となります!

※トラッキングコード設置から数値の反映まで少しタイムラグが発生することがあります。その場合一旦時間をおいてから確認してみてください。

もし数時間経過してなお、データが計測されない場合はトラッキングコードが正しく設置されているかどうかを再度確認してみましょう!

まとめ

今回はGoogleアナリティクス4の設置までの流れを解説しました。

今後は最新版のGA4と連携できるツールが増えてくると思うので、これを機会にぜひGA4を使った分析を行ってみてください。

とはいえ、今回はGA4と従来のユニバーサルアナリティクスの違いについて詳しく触れませんでしたので、GA4でできるようになったことやアップデートの内容についてはまた別の機会に触れていきたいと思います!

【2021年最新版】Googleアナリティクス4の設定方法をわかりやすく解説!

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう