O2Oデータ解析

- サービス

消費者の購買行動を分析することで、最適なマーケティング施策を提供します。

近年、消費者の購買行動は、店頭だけでなく、オンライン上で購買したり、またオンラインで認知した上で店頭で購買したり等、多種多様なものになりました。
コンシューマビジネスには、あらゆるチャネルがあり、そこには様々な購買に至るまでのデータが存在します。
それらのデータを収集、蓄積、解析することで、消費者一人一人に合わせたサービス・商品を提供することを可能とし、 近未来を予測した上で消費者の購買行動を刺激させるようなマーケティング手法が注目されています。

当社では、リアルとウェブ双方のチャネルで取得したデータを一元管理し、 解析を軸とした最適マーケティング施策を提供し、クライアント企業の最大収益化をご支援しております。

O2Oサービス

メンバー構成

Project Manager 加藤 啓輔

日本電信電話株式会社にて大規模ITプロジェクト、通信・放送融合によるビジネスモデルの企画・開発に従事した後、 デロイトトーマツコンサルティングに入社。官公庁や自治体における情報システムの全体最適化を、マネージングコンサルタントとして手掛ける。 フライトシステムコンサルティング入社後は、IT分野を中心にコンサティングビジネスを統括し、 コンサルティング&ソリューション事業部 副事業部長に就任。

Data Analyst 松島 和史

東京大学 工学部 システム創成学科を卒業。現在東京大学工学系研究科にて博士号を取得中。 全体最適の観点から、POSデータ解析と業界経験値を組合わせた販売予測とそれに基づく店舗流通支援システムの構築に関する研究に従事。 これまで物流システム会社、会計システム会社、医療機関・行政向けサービス会社にて、 コンサルタントとしてシステム構築・導入プロジェクトに参画。

Advisor 保々 雅世

日本アイ・ビー・エム株式会社へ入社後、MBA留学を経て、米国IBM Corporationにてコンサルタントとして勤務。 その後、SAPドイツ本社の役員特別補佐、マイクロソフト㈱業務執行役員、日本オラクル㈱常務執行役員、 SAS Institute Japan ㈱執行役員パートナーアライアンス戦略本部長を歴任。 青山学院大学大学院 国際マネジメント研究所 特任教授も務める。